リンク

外装用PVC床材
TEK-DEK|テック デック


テックデックについて

本物のチーク材の様な質感


    テックデックはウッドデッキの代替手段もしくはウッドデッキに代わるワンランク上の選択肢の艤装だと言われております。

    現在の多くのボートは様々な進化した材料を利用してカーボンファイバーや
    ファイバーグラスの構造を主流として建造されております。

    テックデックはカーボンファイバー、ファイバーグラス、鉄鋼、木材などほぼ全ての面に設置することが出来ます。

    またテックデックは驚くほど"ノンスリップ"「すべり知らず」に出来ていて
    デッキが水びたしになっても変わることなく滑ることがありません。

    また驚くほどの"メンテナンスフリー"「手間要らず」とも言われており新世代のウッドデッキとも言われております。







施工のメリットについて

メンテナンスいらずのデッキ


    テックデックはウッドデッキと異なり簡単な工具でオーナー自らでも取付が行えます。

    専用の接着剤を利用することであらゆる素材に取付ることが可能となっております。

    驚くほどの耐久性の効果を得ることが可能となります。

    またウッドデッキのようにシミ予防や素材の消耗がありません。

    紫外線にも強くウッドデッキのように薄くなることもなく外観が変化することがありません。

    メンテナンスに含まれるサンディングやオイル塗布などの手間は不要で
    汚れたら中性洗剤で洗浄と言った驚くほどのメンテナンスフリーな構造となっております。







テックデックの主な特徴について

外観


    UVプロテクトカラーでコーキングエッジがあり、まさに伝来のチークデッキと同等に感じます。


手軽さ


    接合面は互いの凹凸部分を接合するだけ、長さはクラフトナイフで切って簡単に調整できます。


耐久性


    チークデッキとは異なりテックデックではオイルやニスやサンディングやスクレーピングなどの手入れを必要としません。
    クリーニングはシンプルで、普通のクリーナーを使用します。





テックデックの仕様について

形式・型番


    テックデック製品は下記の図の型番となります。
    その他、専用工具、接着剤などございますのでご注意ください。





型 番 品    名 全 長 価 格(税別)
TD-7600 2"(50mm) コーキングゴム付 10.00m ¥36,500
TD-7601 2"(50mm) コーキングゴム無 2.25m ¥7,300
TD-7602 2"(50mm) コーキングゴム付 2.25m ¥7,300
TD-7603 1 3/4"(45mm) コーキングゴム無 2.25m ¥7,300
TD-7604 3"(80mm) コーキングゴム付 2.25m ¥12,000
TD-7605 3"(80mm) コーキングゴム付 2.25m ¥12,000
TD-7606 5"(125mm) コーキングゴム無 2.25m ¥16,500
TD-8607 1/4"(5mm) ブラックコーキングゴム 2.25m ¥2,500
TD-7608P 7 7/8"(200mm) コーキングゴム無 10.00m ¥135,000
SF-298 水平面弾性接着剤(ブラウン) 600ml ¥2,400
SF-290DC デッキコーキング剤(ブラック) 310ml ¥2,300
SP-210T FRP用シーカプライマー 250ml ¥2,500
SP-215T プラスチック用シーカプライマー 250ml ¥2,200
SP-290DC シーカプライマー 250ml ¥2,700

  平成29年2月1日 現在

      ※TD-7608(コーキングゴム付)は現在生産中止となっております。

      ※詳しい内容については当社または販売店までお問い合わせ下さい。

      ※本製品は輸入品のため価格及び仕様につきましては予告無く変更させていただくことがございますのでご了承下さい。

      ※本製品はリサイクル材料で生産されているため入荷時期によって
       製品の色に違いがある場合がありますのでご了承下さい。

      ※その他のアイテムもご用意できます。http://tek-dek.com/front





取付手順




  1. 施工する前に予め施工を行なうデッキ等の表面をエアーサンダ(ダブルアクション)や
    紙ヤスリなどで削り下地作りを行います。
    その際に施工面にあるひび割れや段差などの修正も合わせて行なうようにします。

  2. 貼る部分のアウトラインをデッキに書き込んでおきます。

  3. サンディングを終えたデッキの削りカスを十分に取り去り
    アセトンで接着面に残った油分などの汚れを拭き取っておきます。

  4. デッキに書き込んだアウトラインに沿ってフレーム材を置き、長さに合わせてカットをします。

  5. 重ね合わせたフレーム材の内側と外側の角を結ぶラインに定規をあてて、まず上側のフレーム材をカットします。

  6. 次に先にカットした上側のフレーム材の切断面を基準にして下側のフレーム材をカットして
    PVC接着剤(ステルマックス)を使ってコーナー部分の接着を行ないます。

  7. 出来上がったフレーム材をマスキングテープなどで仮に固定し
    フレームの内側に敷き詰めるテックデックを実際に並べながら長さを合わせてカットします。

  8. 必要な材料の切断加工が終わったら、それぞれのパーツをPVC接着剤(ステルマックス)で接着をします。
    テックデックの接合面に凹凸がある場合には、凹の溝に接着剤を十分に注入してから接着を行ないます。

  9. 接着した部分に隙間が出来ないよう完全に接着剤が乾燥するまでは
    ブロックなどの重しを置いて接着面を固定しておきます。

  10. 接着作業が終了したデッキ面に貼る際は、予めテックデックのアウトラインに添って
    マスキングテープを貼っておきます。
    なお施工面積が広い場合はフレーム材を先にデッキ面に接着し
    内側にいくつかのパーツに分割して作業を行なう方が施工が容易になります。
    その際の1枚当りの面積は1〜2uくらいが適当な大きさと言えます。

  11. 接着面にシーカフレックスSF-298(水平面弾性接着剤)を出し
    スプレッダー(へラの縁がギザギザにカットされているタイプのもの)を使って接着剤を均等に拡げていきます。
    接着剤を薄く拡げ過ぎてしまうと、テックデックの裏面のスリット(溝)に接着剤が十分に入らない為に
    簡単に剥離してしまう原因となりますのでご注意下さい。

  12. SF-298(水平面弾性接着剤600ml)1本でおよそ1uのテックデックが接着できます。
    SF-298の接着をより強固なものとするために、接着面にSP-215で(プラスチック用プライマー)を
    ご使用いただくことをお勧めいたします。

  13. 接着剤が硬化する前に(気温等によって硬化時間は異なりますがおよそ15〜30分で硬化が始まります)
    テックデックをデッキの上に敷きます。

  14. 裏側のスリット(溝)にエポキシ接着剤がしっかりと入り込むようにローラーなどを使い
    テックデック全体に圧力を加えます。

  15. 縁からはみ出した接着剤は完全に硬化する前にマスキングテープと一緒に取り除いておきます。

  16. 接着したデッキ面に隙間が出来ないよう接着剤が完全に硬化するまで出来るだけ全体的にウェイトを置いておきます。

  17. さらにはみ出してきた接着剤を硬化する前に拭き取っておきます。

  18. 施工前に取り外しておいたパーツを取り付け直して完成となります。